産経フォト

なでしこ・高倉監督、優勝へ意気込む 31日、中国と決勝

スポーツ

なでしこ・高倉監督、優勝へ意気込む 31日、中国と決勝

更新 sty1808300017
 決勝を前に中国チームと握手を交わす、女子日本代表の高倉監督(中央左)と長谷川(左端)=パレンバン(共同)  決勝を前に中国チームと握手を交わす、女子日本代表の高倉監督(中央左)と長谷川(左端)=パレンバン(共同)
 決勝の中国戦に向けて調整する鮫島(右)ら日本代表=パレンバン(共同)
画像を拡大する
 決勝の中国戦に向けて調整する鮫島(右)ら日本代表=パレンバン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は31日、2大会ぶりの優勝を懸け、インドネシアの南スマトラ州パレンバンで中国との決勝に挑む。30日には公式会見が行われ、高倉監督は「アジアナンバーワンを懸けた戦いにふさわしい試合にしたい」と意気込みを語った。

 日本が2連覇した4月のアジア・カップでは準決勝で3-1と快勝したが、中国は監督が代わり、より前線から圧力をかけてくると予想される。鮫島(INAC神戸)は「意地とプライドがある。勝たないといけない」と強い決意を口にした。

 午前中に行われた練習では猛暑の中、リフティングなどのウオーミングアップでリラックスした表情を見せた。今大会全試合フル出場中の三宅(INAC神戸)は大事を取り、別メニューで調整した。(ジャカルタ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング