産経フォト

4大会連続の銀 ASのチーム【アジア大会】

スポーツ

4大会連続の銀 ASのチーム【アジア大会】

更新 sty1808290018
アーティスティックスイミング チーム・フリールーティン 日本の演技=29日午後、ジャカルタ(納冨康撮影) アーティスティックスイミング チーム・フリールーティン 日本の演技=29日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
銀メダルを獲得し、表彰式で歓声にこたえる日本チーム =29日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
画像を拡大する
銀メダルを獲得し、表彰式で歓声にこたえる日本チーム =29日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 アジア競技大会第12日の29日、アーティスティックスイミング(AS)のチームで、日本は4大会連続の銀メダルだった。

終盤に大技披露 チームの演技に及第点

アーティスティックスイミング チーム・フリールーティン 日本の演技 =29日午後、ジャカルタ(納冨康撮影) 
画像を拡大する
アーティスティックスイミング チーム・フリールーティン 日本の演技 =29日午後、ジャカルタ(納冨康撮影) フルスクリーンで見る 閉じる

 フリールーティンの演技終盤、吉田が水上でマリオネットのポーズを決める大技を披露すると、大きな歓声に包まれた。アーティスティックスイミングの日本は中国に屈したものの、まずまずの得点で銀メダルを堅守。井村チームリーダーは「よく泳いでくれた。次の展開に進める」と及第点をつけた。

 7人の土台の上で、吉田が二つの姿勢をとる独創的なリフトは実戦で失敗が続いていた。5秒以上、土台を固定する難しい技を今季最終戦でようやくまとめ、吉田は「上げてくれるとみんなを信じて成功できた」と笑みを浮かべた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング