産経フォト

高山、110m障害で銅【アジア大会】

スポーツ

高山、110m障害で銅【アジア大会】

更新 sty1808280021
陸上 男子110mハードル 3位に入った高山峻野(左)と金井大旺=28日午後、ジャカルタ(納冨康撮影) 陸上 男子110mハードル 3位に入った高山峻野(左)と金井大旺=28日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
陸上 男子110mハードル 3位の高山峻野(右)。左は金井大旺=28日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
画像を拡大する
陸上 男子110mハードル 3位の高山峻野(右)。左は金井大旺=28日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 アジア競技大会第11日の28日、男子110メートル障害決勝で高山峻野(ゼンリン)が13秒48で銅メダルを獲得した。金井大旺(福井県スポーツ協会)は7位だった。

陸上 男子110mハードルの表彰式で、銅メダルを手にする高山峻野=28日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
画像を拡大する
陸上 男子110mハードルの表彰式で、銅メダルを手にする高山峻野=28日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 同200メートル準決勝で小池祐貴(ANA)は20秒35の2組1着、飯塚翔太(ミズノ)は20秒64の1組2着で決勝に進んだ。予選は小池が3組2着、飯塚は2組2着で突破。800メートル決勝で女子の北村夢(エディオン)は2分3秒88で4位、塩見綾乃(立命大)は5位だった。男子の川元奨(スズキ浜松AC)は7位。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング