産経フォト

山県亮太、10秒00で銅メダル 【アジア大会・男子100m】

スポーツ

山県亮太、10秒00で銅メダル 【アジア大会・男子100m】

更新 sty1808270001
男子100mで銅メダルを獲得した山県亮太=ジャカルタ(納冨康撮影) 男子100mで銅メダルを獲得した山県亮太=ジャカルタ(納冨康撮影)
男子100mで銅メダルの山県亮太(右)=ジャカルタ(納冨康撮影)
画像を拡大する
男子100mで銅メダルの山県亮太(右)=ジャカルタ(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会第9日の26日、陸上男子100メートル決勝で、日本選手団主将の山県亮太(セイコー)が日本歴代2位の自己記録に並ぶ10秒00をマークしたが、銅メダルだった。この種目で日本勢5大会ぶりの金メダルはならなかった。
 山県は、1998年バンコク大会の準決勝で当時、日本新記録の10秒00を出した伊東浩司以来の優勝を目指した。昨年、9秒98をマークした桐生祥秀(日本生命)に続く日本人2人目の9秒台突入も期待されたが、わずかに及ばなかった。蘇炳添(中国)が9秒92の大会新記録で優勝した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング