産経フォト

新人歌手・藤井香愛が始球式

エンタメ

新人歌手・藤井香愛が始球式

更新 sty1808240017
始球式で投球する藤井香愛=神宮球場(撮影・加藤圭祐) 始球式で投球する藤井香愛=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

 2008年にヤクルトの公認パフォーマンスユニット「DDS」のメンバーとして活躍し、7月4日に「東京ルージュ」をリリース、デビューした新人歌手の藤井香愛(29)が24日、ヤクルト-DeNA戦(神宮球場)の始球式を務めた。

 10年ぶりの神宮で、初めて立ったマウンドから投じたボールはワンバウンド。念願だったこちらの“デビュー”は、ややホロ苦の結果となった。

 5月に都内で行われたマスコミ向けの歌唱イベントでは「ヤクルトとともに歌謡界の日本一を目指します」と宣言した藤井。ハスキーボイスが魅力の「新世代の歌謡歌姫(ディーバ)」は国家斉唱などでの〝再登板〟にも意欲を見せた。

始球式で投球する藤井香愛=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
画像を拡大する
始球式で投球する藤井香愛=神宮球場(撮影・長尾みなみ)フルスクリーンで見る 閉じる
始球式で投球する藤井香愛=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
画像を拡大する
始球式で投球する藤井香愛=神宮球場(撮影・長尾みなみ)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング