産経フォト

「両国友好の橋渡しに」 公式ソング歌う日本人男性

エンタメ

「両国友好の橋渡しに」 公式ソング歌う日本人男性

更新 sty1808220004
 インドネシア・パレンバンであったアジア大会の開幕セレモニーで熱唱する加藤啓明さん=18日(共同)  インドネシア・パレンバンであったアジア大会の開幕セレモニーで熱唱する加藤啓明さん=18日(共同)
 インドネシア・パレンバンで行われたアジア大会の開幕セレモニーで熱唱する加藤啓明さん=18日(共同)
画像を拡大する
 インドネシア・パレンバンで行われたアジア大会の開幕セレモニーで熱唱する加藤啓明さん=18日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ジャカルタ・アジア大会で、現地で活動する日本人ミュージシャン加藤啓明さん(35)が、大会公式ソングの日本語版を担当し、開催ムードを盛り上げている。動画投稿サイトのユーチューブに公開された日本語版の再生回数が飛躍的に伸びており「両国友好の橋渡しになれば」と期待を込める。
 
 公式ソング「Bright As The Sun」は、さびが英語でそれ以外がインドネシア語。加藤さんは、大会組織委員会から盛り上げに一役買ってほしいと、歌詞の日本語への翻訳と歌唱を頼まれた。

 ジャカルタ・アジア大会公式ソングの日本語版を担当した加藤啓明さん=15日、ジャカルタ(共同)
画像を拡大する
 ジャカルタ・アジア大会公式ソングの日本語版を担当した加藤啓明さん=15日、ジャカルタ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 大学生のときからインドネシア語を専攻し、約4年前にジャカルタに移住した。「さびの英語も生かし、インドネシア語も一部残した。3カ国語で歌えるのが僕の強み」と話す。インドネシア語の表現よりも日本語の方が短くなるため、意味を大きく変えずに元のメロディーに当てはめるのが難しかったという。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング