産経フォト

日本ハム清宮、5月以来の一発 「しっかりと結果を出さないと」

スポーツ

日本ハム清宮、5月以来の一発 「しっかりと結果を出さないと」

更新 sty1808210022
7回、2点本塁打を放ち、ベンチの出迎えに笑顔を見せる日本ハム・清宮幸太郎=草薙球場(撮影・福島範和) 7回、2点本塁打を放ち、ベンチの出迎えに笑顔を見せる日本ハム・清宮幸太郎=草薙球場(撮影・福島範和)
7回、2点本塁打を放つ日本ハム・清宮幸太郎=草薙球場(撮影・福島範和)
画像を拡大する
7回、2点本塁打を放つ日本ハム・清宮幸太郎=草薙球場(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本ハムの清宮が約1カ月ぶりに1軍昇格し、七回に5月9日以来となる2号2ランを放った。「しっかりと結果を出さないといけない」と意気込み、快音を響かせた。
 2-10の七回1死二塁で中田の甘く入った138キロを完璧に捉えた。右翼席上段に運ぶ特大の一発に、出迎えたナインの前で笑みを振りまいた。凡打に終わった第1、2打席を含め、ファーストストライクから振って出る積極性が光った。
 2軍では7月中旬から右肘の炎症で離脱。今月11日に実戦復帰したが、まだ守備には就いていない。「打撃や(守備以外の)他のところは問題なくできている。チームに貢献できれば」と表情を引き締めた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング