産経フォト

大阪桐蔭、史上初2度目の「春夏連覇」 金足農・吉田は涙 【夏の甲子園】

スポーツ

大阪桐蔭、史上初2度目の「春夏連覇」 金足農・吉田は涙 【夏の甲子園】

更新 sty1808210016
2度目の春夏連覇を果たし歓喜の大阪桐蔭ナイン=甲子園(撮影・岡田茂) 2度目の春夏連覇を果たし歓喜の大阪桐蔭ナイン=甲子園(撮影・岡田茂)

 史上初の快挙達成-。第100回全国高校野球選手権大会は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)が金足農(秋田)を13-2で下して、4年ぶり5度目の優勝を果たした。藤浪晋太郎投手(阪神)を擁した2012年以来、史上初となる2度目の春夏連覇。西谷浩一監督は単独トップの7度目の甲子園制覇。
 大阪桐蔭は、プロ注目の藤原恭大選手や根尾昂選手ら、超高校級の選手をそろえた。一回に3点を先制。四回に宮崎仁斗選手の3点本塁打、五回に根尾選手の2点本塁打で突き放した。

5回裏、大阪桐蔭・根尾昂が中越えに2ランを放つ。投手吉田輝星、捕手菊地亮太=甲子園
画像を拡大する
5回裏、大阪桐蔭・根尾昂が中越えに2ランを放つ。投手吉田輝星、捕手菊地亮太=甲子園フルスクリーンで見る 閉じる

 金足農は公立校で全員が秋田県出身。秋田県勢として、1915年の第1回大会の秋田中(現秋田)以来、103年ぶりに決勝に進んだ。吉田輝星投手を軸に、東北勢として春夏を通じて初の甲子園大会制覇に挑んだが、悲願の優勝旗には手が届かなかった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング