産経フォト

【感彩写論】地底都市への道 大阪市此花区 PM7:41

自然・風景

【感彩写論】地底都市への道 大阪市此花区 PM7:41

更新 sty1808200001
大阪市此花区の此花大橋につながる歩行者通路 =午後7時41分、大阪市此花区(永田直也撮影) 大阪市此花区の此花大橋につながる歩行者通路 =午後7時41分、大阪市此花区(永田直也撮影)

 地下深くに潜む“地底都市”へとつながる秘密の通路。SF映画のワンシーンのような光景に、大阪市の湾岸エリアで出くわした。

 北港と舞洲(まいしま)を結ぶ「此花大橋」。全長約1.7キロ、歩いて渡れる大阪最長のつり橋だ。この橋にある、歩行者用の通路が今回のターゲット。

 ぐるぐるぐると4重に重なるループを描き、さらに大きくもう1周。長さは474メートルもあり、高さは32メートルとビル10階分。

 日が暮れて薄暗くなるのを待ち、いざ撮影!と、意気込むも日頃の不摂生が脚にくる。「まだ1周、やっと2周、ようやく3周…」

 ふらふらしながら上へと進む。頂上まで5分37秒。息を切らしながら撮影したのがこの1枚。

 暗闇に続くループを、電灯が照らし、秘密の通路が浮かび上がった。

 撮影を終え、下りになった通路を戻る。帰りのタイムは4分44秒。地底都市への道のりは遠そうだ。(写真報道局 永田直也) 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング