産経フォト

駅にピアノ、気軽にどうぞ 佐賀とオランダの懸け橋に

イベント・祭典

駅にピアノ、気軽にどうぞ 佐賀とオランダの懸け橋に

更新 sty1808190014
 JR新鳥栖駅の構内に設置されたアップライトピアノを演奏する中学生の小島千優凜さん=19日、佐賀県鳥栖市  JR新鳥栖駅の構内に設置されたアップライトピアノを演奏する中学生の小島千優凜さん=19日、佐賀県鳥栖市

 佐賀県鳥栖市のJR新鳥栖駅の構内に19日、誰でも自由に弾くことができるピアノが設置され、柔らかな音色が響いた。佐賀県が交流強化を目指すオランダで最近、駅など公共の場に置かれ話題の「ストリートピアノ」にちなみ企画。同県は2020年東京五輪・パラリンピックで、オランダのホストタウンに登録されている。

 JR新鳥栖駅の構内に設置されたアップライトピアノ=19日、佐賀県鳥栖市
画像を拡大する
 JR新鳥栖駅の構内に設置されたアップライトピアノ=19日、佐賀県鳥栖市フルスクリーンで見る 閉じる

 ピアノは市民が寄贈したもの。駅でのオープニングイベントでは、構内に設置されたアップライトピアノを、福岡や佐賀で活動するアーティストなどが演奏。主催した佐賀県によると、200人以上が聞き入った。
 鳥栖市の中学校に通う小島千優凜さん(12)の伴奏で、地元合唱団は井上陽水さんの「少年時代」などを歌った。小島さんは「緊張したけど楽しかった。駅にピアノがあるって、いいですね」と笑顔だった。
 オランダ文化がもたらされた旧長崎街道沿いの小城駅(小城市)にも9月に設置される予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング