産経フォト

大仏さま 幻想の夜 東大寺で万灯供養会

伝統・文化

大仏さま 幻想の夜 東大寺で万灯供養会

更新 sty1808160008
多くの人が参拝に訪れた、東大寺大仏殿の万灯供養会 =15日夜、奈良市(恵守乾撮影) 多くの人が参拝に訪れた、東大寺大仏殿の万灯供養会 =15日夜、奈良市(恵守乾撮影)
多くの人が参拝した、東大寺大仏殿の万灯供養会=15日夜、奈良市(恵守乾撮影)
画像を拡大する
多くの人が参拝した、東大寺大仏殿の万灯供養会=15日夜、奈良市(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 世界遺産・東大寺(奈良市)の大仏殿で15日夜、お盆の法要「万灯供養会(まんとうくようえ)」が営まれた。大仏殿正面にある観相窓も開けられ、明かりに照らされた盧舎那仏坐像(大仏)の顔が荘厳に浮かび上がった。

 盆に帰省できない人たちにも先祖を供養してもらおうと、昭和60年から続けられている恒例行事。

 大仏殿周辺には約1700基の灯籠が並び、明かりが照らされた境内は幻想的な雰囲気に。午後7時になると、参拝者は続々と大仏殿に向かい、灯籠の明かりに見入ったり、大仏に静かに手を合わせたりして、古都ならではの夜を堪能していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング