産経フォト

首相、サマータイム検討 自民へ指示、業界聴取も

ニュース

首相、サマータイム検討 自民へ指示、業界聴取も

更新 sty1808070008
首相官邸を訪れた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(中央左)らと談笑する安倍晋三首相(同右)=7日午前(春名中撮影) 首相官邸を訪れた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(中央左)らと談笑する安倍晋三首相(同右)=7日午前(春名中撮影)
自民党役員会に向かう安倍晋三首相=7日午前、東京・永田町の党本部(春名中撮影)
画像を拡大する
自民党役員会に向かう安倍晋三首相=7日午前、東京・永田町の党本部(春名中撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 安倍晋三首相は7日午前、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策に向けて、国全体の時間を夏の間だけ早めるサマータイム(夏時間)制度の導入の可否を検討するよう自民党に指示した。首相と官邸で会談した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長に「国民の関心は高い。やるならば、国民生活に影響する。業界に意見があるから、党部会で意見聴取をしてほしい」と語った。
 会談後、森氏が記者団に明らかにした。
 自民党内の議論は、首相と森氏との会談に同席した自民党の遠藤利明2020年五輪・パラリンピック東京大会実施本部長らを中心に進む見通しだ。首相は会談で「よく慎重に見極める必要がある」とも述べた。
 森氏は首相に対し、サマータイムが省エネ効果が見込まれることを踏まえ「五輪のためにやるということではなく、日本政府が地球環境保護に取り組むという観点で進めてほしい」と求めた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング