産経フォト

古都の盛夏に彩り「八朔」 芸舞妓らあいさつ回り

伝統・文化

古都の盛夏に彩り「八朔」 芸舞妓らあいさつ回り

更新 sty1808010005
 あいさつ回りをする芸舞妓ら=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)  あいさつ回りをする芸舞妓ら=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)
 あいさつ回りをする芸舞妓ら=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
 あいさつ回りをする芸舞妓ら=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 京都市東山区の祇園一帯の花街で1日、芸舞妓らが芸事の師匠やお茶屋にあいさつ回りをする「八朔(はっさく)」を迎えた。芸舞妓のあでやかな風情が盛夏の古都に彩りを添え、集まった大勢の見物客が次々とシャッターを切った。

 八朔は旧暦の8月1日を指し、古来、世話になった人にお礼や贈り物をする習わしがあった。花街では新暦の現在も行事が続き、夏の風物詩になっている。

 酷暑の中、五花街の一つ、祇園甲部の芸舞妓が正装の黒紋付き姿で、人間国宝で京舞井上流五世家元の井上八千代さん宅などを訪問。「おめでとうさんどす」とにこやかにあいさつを交わした。

 あいさつ回りをする芸舞妓=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
 あいさつ回りをする芸舞妓=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 あいさつ回りをする芸舞妓ら=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
 あいさつ回りをする芸舞妓ら=1日午前、京都市東山区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング