産経フォト

大接近の火星、観覧車の向こうで赤く輝く 大阪・吹田

自然・風景

大接近の火星、観覧車の向こうで赤く輝く 大阪・吹田

更新 sty1807310015
地球に大接近した火星(中央)と観覧車=31日午後8時6分、大阪府吹田市(山田哲司撮影) 地球に大接近した火星(中央)と観覧車=31日午後8時6分、大阪府吹田市(山田哲司撮影)
地球に大接近した火星(中央)と観覧車=31日午後8時、大阪府吹田市(山田哲司撮影)
画像を拡大する
地球に大接近した火星(中央)と観覧車=31日午後8時、大阪府吹田市(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 地球に大接近している火星が、大阪府吹田市の大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」が誇る高さ123メートルの観覧車「オオサカホイール(OSAKA WHEEL)」の向こう側で赤く輝いた。ライトアップされ、虹色に染まるゴンドラとコラボ。幻想的な夜を演出した。
 日本では火星が空に昇る前の31日午後4時50分が、最も距離が縮まる時刻で、日が暮れると南東から昇った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング