産経フォト

シンプルかつ和の精神で 野村さんが抱負東京五輪パラ式典演出

イベント・祭典

シンプルかつ和の精神で 野村さんが抱負東京五輪パラ式典演出

更新 sty1807310005
記念撮影に応じる東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める狂言師の野村萬斎さん(中央)、五輪担当の映画監督の山崎貴さん(左)、パラ担当のクリエーティブディレクターの佐々木宏さん=港区虎ノ門(撮影・今野顕) 記念撮影に応じる東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める狂言師の野村萬斎さん(中央)、五輪担当の映画監督の山崎貴さん(左)、パラ担当のクリエーティブディレクターの佐々木宏さん=港区虎ノ門(撮影・今野顕)
会見する東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める狂言師の野村萬斎さん=31日午前、東京都港区
画像を拡大する
会見する東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める狂言師の野村萬斎さん=31日午前、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式を企画、演出する総合統括に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)が31日、東京都内で記者会見し、「復興五輪の名に恥じないような、シンプルかつ和の精神に富んだ五輪・パラリンピックになるよう全力を尽くしたい」と抱負を述べた。
 五輪を担当する映画監督の山崎貴さん(54)、パラ担当でクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)も同席した。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる山崎さんは「いろいろな人の力を結集させて日本らしい開閉会式ができれば」と語り、多くの人気CMを手掛けた佐々木さんは「五輪に注目がいくと思うが、負けないように挑戦者の気持ちで頑張りたい」と意欲を述べた。
 野村さんは、東日本大震災の「鎮魂と再生」が主題の一つとなることに触れた上で、「われわれのパレットにはたくさんの絵の具の色があることを示したい」と多様な日本文化を世界に発信する構想を示した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング