産経フォト

巨人に救世主? マルティネス、育成から支配下登録即、初打席本塁打!

スポーツ

巨人に救世主? マルティネス、育成から支配下登録即、初打席本塁打!

更新 sty1807270023
中日戦の2回、本塁打を放つ巨人・マルティネス=東京ドーム(撮影・山田俊介) 中日戦の2回、本塁打を放つ巨人・マルティネス=東京ドーム(撮影・山田俊介)
支配下選手契約を結び、会見を行った巨人のホルヘ・マルティネス(左)。右は鹿取義隆GM=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
画像を拡大する
支配下選手契約を結び、会見を行った巨人のホルヘ・マルティネス(左)。右は鹿取義隆GM=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)フルスクリーンで見る 閉じる

 巨人が27日に育成選手から支配下選手契約を結んだと発表したホルヘ・マルティネス内野手(25)が、この日の中日戦で即スタメン出場し、初打席でいきなり本塁打を放った。
 「7番・二塁」で先発出場したマルティネスの第1打席は二回一死、中日の先発・山井大介のフォークを見事にとらえ、右中間に飛び込む1号ソロとなった。
 いきなりのアーチにスタンドの巨人ファンも大喜び、ベンチではナインが笑顔で出迎えた。

中日戦の2回、先制本塁打を放った巨人のホルヘ・マルティネス=東京ドーム(撮影・大橋純人)
画像を拡大する
中日戦の2回、先制本塁打を放った巨人のホルヘ・マルティネス=東京ドーム(撮影・大橋純人)フルスクリーンで見る 閉じる
中日戦の2回、巨人・マルティネスが先制本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
画像を拡大する
中日戦の2回、巨人・マルティネスが先制本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング