産経フォト

「復興の火」6日間で調整 五輪、被災地での聖火展示

東日本大震災

「復興の火」6日間で調整 五輪、被災地での聖火展示

更新 sty1807270008
全国知事会議に出席し、あいさつする東京五輪・パラリンピック大会組織委の森喜朗会長=27日午前、札幌市内のホテル 全国知事会議に出席し、あいさつする東京五輪・パラリンピック大会組織委の森喜朗会長=27日午前、札幌市内のホテル
全国知事会議に出席し、東京五輪・パラリンピックのマスコットを北海道の高橋はるみ知事(左)に手渡す、大会組織委の森喜朗会長=27日午前、札幌市内のホテル
画像を拡大する
全国知事会議に出席し、東京五輪・パラリンピックのマスコットを北海道の高橋はるみ知事(左)に手渡す、大会組織委の森喜朗会長=27日午前、札幌市内のホテルフルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は27日、五輪の聖火リレー実施前に、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県で聖火を「復興の火」として展示する計画について、各県2日ずつ計6日間を検討していると明らかにした。札幌市での全国知事会議で報告した。
 今後、国際オリンピック委員会(IOC)などと調整する。3県を回る順番など詳細は復興庁や自治体側と協議する。聖火リレーのスタート地となる福島県が展示は最後になる見通し。
 東京五輪の聖火リレーは20年3月26日に福島県をスタートし、121日間で全国を巡る。森会長は会議で「東日本大震災のみならず、西日本の豪雨など全国には災害に直面し、困難に立ち向かっている方が大勢いらっしゃる。新たな希望をもたらすような聖火リレーを実施したい」と述べ、ルート選定などで都道府県の協力を求めた。
 懸案の暑さ対策では、安倍晋三首相と電話で意見交換したとし、改めて政府に協力を求める考えも示した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング