産経フォト

花火と船、激アツの天神祭 大阪、夏の風物詩が最終日

イベント・祭典

花火と船、激アツの天神祭 大阪、夏の風物詩が最終日

更新 sty1807250019
「天神祭」の最終日、伝統行事の「船渡御」を彩る花火=25日午後、大阪市内(宮沢宗士郎撮影) 「天神祭」の最終日、伝統行事の「船渡御」を彩る花火=25日午後、大阪市内(宮沢宗士郎撮影)
「天神祭」の最終日、伝統行事の「船渡御」を彩る花火=25日午後、大阪市内(宮沢宗士郎撮影)
画像を拡大する
「天神祭」の最終日、伝統行事の「船渡御」を彩る花火=25日午後、大阪市内(宮沢宗士郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 夏の風物詩、大阪天満宮(大阪市北区)の「天神祭」は25日に最終日を迎え、市中心部を流れる大川を約100隻の船が行き交う伝統の神事「船渡御」が開かれた。大阪市内は祭り期間の24、25両日とも最高気温が37度前後の猛暑日。夜には約5千発の花火も。暑さの残る中、大勢の見物客が足を運んだ。
 大川を両岸からかがり火やちょうちんが照らす中、午後6時半ごろから菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船と迎えの奉拝船などが太鼓やかねを鳴らしながら往来。約1万3千人が乗船し、船が擦れ違う際は「打ちましょ」と声を掛けて手拍子を取る「大阪締め」であいさつを交わした。
 天神祭は平安時代から続くとされ、千年以上の歴史があるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング