産経フォト

専用スペースでおしゃれに 伊藤忠が脱スーツで開設

ファッション

専用スペースでおしゃれに 伊藤忠が脱スーツで開設

更新 sty1807250014
 伊藤忠商事が社内に開設した専用のスペースで、カラーコーディネーター(左)にアドバイスを受ける女性社員=25日、東京都港区  伊藤忠商事が社内に開設した専用のスペースで、カラーコーディネーター(左)にアドバイスを受ける女性社員=25日、東京都港区
 伊藤忠商事が社内に設置した専用のスペースでジャケットを試着する男性=25日午後、東京都港区
画像を拡大する
 伊藤忠商事が社内に設置した専用のスペースでジャケットを試着する男性=25日午後、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 伊藤忠商事は25日、ジーンズやスニーカーなどカジュアルな服装を推奨する「脱スーツ・デー」を推進させるため、社員が自分に似合う色や靴磨きの仕方など身だしなみのアドバイスを受けられる専用のスペースを開設した。働き方改革の一環で、表現力や発想力を高め、生産性向上につなげる狙いがある。

 約100平方メートルの部屋を「D+(ディープラス)ラウンジ」と名付け、毎月第2と第4水曜日の午前11時半から午後1時半までの間、社員が利用できるようにした。百貨店などから招いた専門家らが靴磨きやシェービングの方法、着こなしなどをアドバイスするほか、講演や販売会なども予定する。

 初回の25日は靴磨きやカラーコーディネートを実施したほか、ジャケットやネクタイなどの販売会も開催した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング