産経フォト

スカイツリーから盛り上げ 東京五輪、準備は運営面にシフト

イベント・祭典

スカイツリーから盛り上げ 東京五輪、準備は運営面にシフト

更新 sty1807240024
 2020年東京五輪開幕まで2年となり、ライトアップされた各地のタワー。左から横浜マリンタワー、五稜郭タワー、東京スカイツリー、福岡タワー、京都タワー=24日夜  2020年東京五輪開幕まで2年となり、ライトアップされた各地のタワー。左から横浜マリンタワー、五稜郭タワー、東京スカイツリー、福岡タワー、京都タワー=24日夜
東京スカイツリーで開かれたイベントで「東京五輪音頭2020」を踊る参加者たち=24日夜、東京都墨田区
画像を拡大する
東京スカイツリーで開かれたイベントで「東京五輪音頭2020」を踊る参加者たち=24日夜、東京都墨田区フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、東京都と大会組織委員会は東京スカイツリータウン(東京都墨田区)でセレモニーを開き、節目の日を盛り上げた。9月にはボランティアの募集が始まり、本番の手順を確認するテスト大会もスタート。開催準備は運営面にシフトする。
 セレモニーでは、参加者は法被姿で登場。組織委の森喜朗会長は猛暑に触れ「2年後にこの暑さがあってもしっかり頑張りたい」と決意を示し、東京都の小池百合子知事は「復興とパラリンピックの成功なくしてオリンピックの成功なし」と話した。

5色の「五輪カラー」にライトアップされた東京スカイツリー=24日夜、東京都内
画像を拡大する
5色の「五輪カラー」にライトアップされた東京スカイツリー=24日夜、東京都内フルスクリーンで見る 閉じる

 名前が決まったばかりの大会マスコット「ミライトワ」も参加。競泳の池江璃花子選手は「国民全員でメダルを」とのメッセージを読み上げた。
 開幕までの残り日数に合わせて731個のちょうちんが準備され、「がんばれ日本」など2年後に向けた思いが書き込まれた。
 5色の「五輪カラー」にスカイツリーが彩られたほか、北海道函館市の五稜郭タワーや福岡市の福岡タワーなどもライトアップされた。

5色にライトアップされる東京都庁=24日夜、東京都新宿区(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
5色にライトアップされる東京都庁=24日夜、東京都新宿区(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
カウントダウンセレモニーに出席する小池百合子東京都知事(左)=24日午後、東京都墨田区の東京スカイツリータウン (吉沢良太撮影)(吉澤良太) 
画像を拡大する
カウントダウンセレモニーに出席する小池百合子東京都知事(左)=24日午後、東京都墨田区の東京スカイツリータウン (吉沢良太撮影)(吉澤良太) フルスクリーンで見る 閉じる
ライトアップされた東京タワー=24日午後7時40分、東京・六本木の六本木ヒルズ展望台屋上スカイデッキから(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
ライトアップされた東京タワー=24日午後7時40分、東京・六本木の六本木ヒルズ展望台屋上スカイデッキから(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
ライトアップされたNTTドコモ代々木ビル=24日午後8時3分、東京・六本木の六本木ヒルズ展望台屋上スカイデッキから(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
ライトアップされたNTTドコモ代々木ビル=24日午後8時3分、東京・六本木の六本木ヒルズ展望台屋上スカイデッキから(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング