産経フォト

五輪盛り上げに塗装機登場 日航、マスコット描く

ニュース

五輪盛り上げに塗装機登場 日航、マスコット描く

更新 sty1807240002
 2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットのデザインがあしらわれた日航機=24日午前、羽田空港  2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットのデザインがあしらわれた日航機=24日午前、羽田空港
 2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットのデザインがあしらわれた日航機=24日午前、羽田空港
画像を拡大する
 2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットのデザインがあしらわれた日航機=24日午前、羽田空港フルスクリーンで見る 閉じる

 日本航空は24日、2020年東京五輪・パラリンピックのマスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」を機体に描いたボーイング777-200の特別塗装機を羽田空港でお披露目した。

 特別塗装機は24日朝の羽田発那覇行きで初フライト。20年の大会終了まで約2年間にわたり国内各地に飛び、五輪ムードを盛り上げる。全日空も今秋に同様の特別塗装機を就航させる。

 22日に名前が発表されたばかりのミライトワとソメイティは、ペアで日航機の機体後部に描かれている。

 日航と全日空は24日から、羽田空港のターミナルビルでマスコットや五輪を目指す選手をデザインした大型の横断幕やポスターの掲示も始めた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング