産経フォト

初の常設店舗がオープン 東京五輪公式ショップ

ニュース

初の常設店舗がオープン 東京五輪公式ショップ

更新 sty1807230008
 初の常設店舗となる「東京2020オフィシャルショップ」のオープニングを記念してテープカットするソフトボール女子日本代表の上野由岐子選手(左)ら=23日午前、東京都新宿区  初の常設店舗となる「東京2020オフィシャルショップ」のオープニングを記念してテープカットするソフトボール女子日本代表の上野由岐子選手(左)ら=23日午前、東京都新宿区
 初の常設店舗となる東京都新宿区の「東京2020オフィシャルショップ」=23日午前
画像を拡大する
 初の常設店舗となる東京都新宿区の「東京2020オフィシャルショップ」=23日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪・パラリンピックの公式グッズを取り扱う「東京2020オフィシャルショップ」で初の常設店舗が23日、東京都新宿区のビックカメラ新宿西口店内に設けられ、オープニングイベントが行われた。ソフトボール女子日本代表の上野由岐子選手(ビックカメラ高崎)が登場した。

 五輪が「ミライトワ」、パラリンピックが「ソメイティ」に名前が決まった大会マスコット関連商品では、全長130センチ、重さ約6キロで価格14万400円の「特大ぬいぐるみ」も取り扱う。

 店舗は20年9月30日まで開設される。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング