産経フォト

世界初「パディントン」のテーマパーク 富士急、相模湖近くに

エンタメ

世界初「パディントン」のテーマパーク 富士急、相模湖近くに

更新 sty1807210007
「パディントン タウン」を走るミニSL=21日午前、相模原市 「パディントン タウン」を走るミニSL=21日午前、相模原市
「パディントン タウン」の開業式典で、風船を揚げる来場者ら=21日午前、相模原市
画像を拡大する
「パディントン タウン」の開業式典で、風船を揚げる来場者ら=21日午前、相模原市フルスクリーンで見る 閉じる

 富士急行などは21日、相模湖近くのリゾート施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(相模原市)に英国の代表的な児童文学「くまのパディントン」の世界観を楽しめるテーマパークを開業した。富士急行によると、パディントンのテーマパークができるのは世界初という。

「パディントン タウン」に設けられたミニ消防車のアトラクション=21日午前、相模原市
画像を拡大する
「パディントン タウン」に設けられたミニ消防車のアトラクション=21日午前、相模原市フルスクリーンで見る 閉じる

 名称は「パディントン タウン」で、主なターゲットは幼児がいる家族。4420平方メートルの空間に、英国のような雰囲気の中を走るミニSLや、ミニ消防車に乗り込んで水鉄砲で炎に見立てた的を倒すアトラクションなどを設けた。スナックなどの売り場や休憩スペースもある。投資額は約2億3千万円。
 開業式典にはパディントンの着ぐるみと双子の子役・モデル「りんか」ちゃんと「あんな」ちゃんが登場。来場者で色とりどりの風船を一斉に揚げ、オープンを祝った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング