産経フォト

東大の研究センターが再建 岩手・大槌、津波で被災

東日本大震災

東大の研究センターが再建 岩手・大槌、津波で被災

更新 sty1807200022
 岩手県大槌町の高台に移転、再建された東大の国際沿岸海洋研究センター=20日午後  岩手県大槌町の高台に移転、再建された東大の国際沿岸海洋研究センター=20日午後

 東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県大槌町にある東大の国際沿岸海洋研究センターが同町の高台に移転、再建されたことを祝う記念式典が20日、同町のホテルで開かれた。

 式典には約160人が参加。河村知彦センター長は「立派な研究施設が完成した。地域の皆さまに愛されるよう努力していく」と述べた。

 岩手県大槌町の高台に移転、再建された東大の国際沿岸海洋研究センターの研究室=20日午後
画像を拡大する
 岩手県大槌町の高台に移転、再建された東大の国際沿岸海洋研究センターの研究室=20日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 新たなセンターは3階建てで、延べ床面積は2700平方メートル。津波後の生態系の変化、大気や海流、海洋生物などに関する研究のための設備が整えられている。隣には研究員用の宿泊棟も再建された。
 震災時には約12メートルの津波が、海沿いの旧センターの最上階3階まで到達。蓄積してきた研究データや設備のほとんどが流され、調査船3隻も全て失った。
 研究員らは震災の2カ月後から今年2月に新センターが完成するまで、被害が小さかった旧センターの3階部分を改修して研究を続けてきた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング