産経フォト

聖火リレーが本格スタート アジア大会でインドネシア

イベント・祭典

聖火リレーが本格スタート アジア大会でインドネシア

更新 sty1807190019
 インドネシアの古都ジョクジャカルタで本格的にスタートしたアジア大会の聖火リレー=19日(共同)  インドネシアの古都ジョクジャカルタで本格的にスタートしたアジア大会の聖火リレー=19日(共同)

 インドネシアのジャカルタを中心に8月18日に開幕するアジア大会の聖火リレーが19日、ジャワ島中部の観光地、古都ジョクジャカルタで本格的にスタートした。

 インドネシアの古都ジョクジャカルタで本格的にスタートしたアジア大会の聖火リレー=19日(共同)
画像を拡大する
 インドネシアの古都ジョクジャカルタで本格的にスタートしたアジア大会の聖火リレー=19日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 リレーは19日朝、ジョクジャカルタの王宮から開始。第1走者となったルトノ外相を皮切りに、数百メートルごとに20人以上のランナーが次々と重さ約2・5キロのトーチを受け渡し、大統領宮殿など中心部を約2時間走った。
 沿道では大勢の市民や子どもらが横断幕を掲げたり、「インドネシア!」と連呼したりして盛り上げた。孫2人と来ていたムルティニさん(55)は「大会が開かれるのはとても良いこと。孫も喜んでいる」と話した。
 聖火リレーは国内の18州54都市を約1万8千キロ巡り、開会式に合わせて首都ジャカルタのブンカルノ競技場に到着する。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング