産経フォト

芥川賞は高橋弘希さんの「送り火」 参考文献不掲載作は落選

伝統・文化

芥川賞は高橋弘希さんの「送り火」 参考文献不掲載作は落選

更新 sty1807180026
「送り火」で芥川賞を受賞した高橋弘希さん(右)と「ファーストラヴ」で直木賞を受賞した島本理生さん =18日午後、東京都千代田区の帝国ホテル(桐山弘太撮影) 「送り火」で芥川賞を受賞した高橋弘希さん(右)と「ファーストラヴ」で直木賞を受賞した島本理生さん =18日午後、東京都千代田区の帝国ホテル(桐山弘太撮影)

 第159回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は高橋弘希さん(38)の「送り火」(文学界5月号)に決まった。東日本大震災を題材にしながら、参考文献の不掲載と類似表現が問題になった北条裕子さん(32)の「美しい顔」(群像6月号)は受賞を逃した。

 受賞作は、青森・津軽地方にある廃校間近の中学校が舞台。東京からの転入生と地元の少年グループが織りなす平穏な日常が失われ、残酷な暴力が剥き出しになる瞬間を印象的に描く。 

 高橋さんは昭和54年、青森県十和田市生まれ。文教大文学部卒業後、予備校の国語講師に。平成26年に「指の骨」で新潮新人賞を受けて作家デビュー。29年に「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」で野間文芸新人賞を受賞。芥川賞候補は今回が4度目。

 贈呈式は8月下旬、東京都内で開かれる。賞金は100万円。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング