産経フォト

コンビニのトラックも輸送 海自が被災地支援 艦内の浴場開放

自衛隊・ミリタリー

コンビニのトラックも輸送 海自が被災地支援 艦内の浴場開放

更新 sty1807170015
 海上自衛隊の輸送艦で運ばれたコンビニのトラック=13日、広島県呉市  海上自衛隊の輸送艦で運ばれたコンビニのトラック=13日、広島県呉市
 無料開放された海上自衛隊の護衛艦の風呂で汗を流す被災者=10日、広島県呉市
画像を拡大する
 無料開放された海上自衛隊の護衛艦の風呂で汗を流す被災者=10日、広島県呉市フルスクリーンで見る 閉じる

 西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県呉市に基地を置く海上自衛隊が、護衛艦の入浴施設の無料開放や救援物資輸送など、被災した地元の支援を続けている。任務に就く自衛官は「今まで支えてきてくれた呉の人の力に少しでもなりたい」と意気込む。

 浴場を無料開放した海上自衛隊の護衛艦を訪れる被災者ら=10日、広島県呉市
画像を拡大する
 浴場を無料開放した海上自衛隊の護衛艦を訪れる被災者ら=10日、広島県呉市フルスクリーンで見る 閉じる

 呉港に停泊する護衛艦「かが」などは、8日から艦内の浴場を無料で開放。洗濯機も使うことができ、断水に悩む市民が連日長蛇の列を作っている。呉市の男性(75)は「風呂に入れない状態が続いていたので、本当にありがたい」と目を細めた。

 海上自衛隊の輸送艦で運ばれたタンクローリー=10日、広島県呉市
画像を拡大する
 海上自衛隊の輸送艦で運ばれたタンクローリー=10日、広島県呉市フルスクリーンで見る 閉じる

 海自では被災直後から輸送艦にタンクローリーやコンビニのトラックを積んで、陸路が寸断された被災地にガソリンや飲料水を届けてきた。海自呉地方総監部によると、これまでも東日本大震災や熊本地震などの被災地に物資を届けてきたが、今回のように民間車両を運ぶのは異例だという。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング