産経フォト

暑さ忘れる巨大「金魚鉢」 東京・日本橋

イベント・祭典

暑さ忘れる巨大「金魚鉢」 東京・日本橋

更新 sty1807050021
報道陣に公開された水中アートの展示「アートアクアリウム2018」 =5日午後、東京都中央区の日本橋三井ホール(鴨川一也撮影) 報道陣に公開された水中アートの展示「アートアクアリウム2018」 =5日午後、東京都中央区の日本橋三井ホール(鴨川一也撮影)
報道陣に公開された水中アートの展示「アートアクアリウム2018」 =5日午後、東京都中央区の日本橋三井ホール(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
報道陣に公開された水中アートの展示「アートアクアリウム2018」 =5日午後、東京都中央区の日本橋三井ホール(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 幻想的にライトアップされた水槽を約8千匹の金魚やニシキゴイが泳ぐ展覧会「アートアクアリウム2018」が5日、東京都中央区の日本橋三井ホールで報道陣に公開された。

 会場には江戸の花街をテーマにした高さ約2.5メートルの金魚鉢など大小さまざまな15作品が設置され、来場者は幻想的な空間に見入っていた。

 展覧会を監修したアーティストの木村英智氏(46)は「暑い中、五感で涼しさを感じてもらいたい」と呼びかけている。展示は6日から9月24日まで。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング