産経フォト

レッサーパンダ風太が15歳 千葉市動物公園、ファンお祝い

生き物

レッサーパンダ風太が15歳 千葉市動物公園、ファンお祝い

更新 sty1807050013
 15歳の誕生日を迎え、プレゼントのリンゴを求めて立ち上がるレッサーパンダの風太=5日午後、千葉市動物公園  15歳の誕生日を迎え、プレゼントのリンゴを求めて立ち上がるレッサーパンダの風太=5日午後、千葉市動物公園
 15歳の誕生日に、プレゼントされた好物のリンゴをほおばるレッサーパンダの風太=5日午後、千葉市動物公園
画像を拡大する
 15歳の誕生日に、プレゼントされた好物のリンゴをほおばるレッサーパンダの風太=5日午後、千葉市動物公園フルスクリーンで見る 閉じる

 愛らしい立ち姿が人気の雄のレッサーパンダ風太が5日、15歳の誕生日を迎え、千葉市動物公園でお祝いのイベントが開かれた。飼育担当者によると、飼育下のレッサーパンダの寿命は17~20年で、風太は人間でいうと70歳前後という。8日に記念式典を開催する。

 立ち姿を見せるレッサーパンダの風太=2015年4月、千葉市動物公園
画像を拡大する
 立ち姿を見せるレッサーパンダの風太=2015年4月、千葉市動物公園フルスクリーンで見る 閉じる

 イベントではファンが展示場に飾り付けをし、風太にプレゼントするリンゴをカット。最近は立ち上がる回数も減ったというが、好物のリンゴをもらって見事な立ち姿を披露すると、約200人の見物客から「かわいい」と歓声が上がった。

 背筋をぴんと伸ばして直立する風太が人気になったのは2005年ごろ。缶コーヒーのCMに登場するなど知名度は全国区になり、入園者数も激増した。

 風太は静岡市立日本平動物園で誕生。15年に12歳で死んだ「妻」チィチィとの間に10匹の子どもが生まれ、孫、ひ孫、やしゃごにも恵まれた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング