産経フォト

鉄道博物館で記念式典 5日、新館オープン

鉄道

鉄道博物館で記念式典 5日、新館オープン

更新 sty1807040014
 鉄道博物館の新館と改修された本館がオープンするのを前に、記念式典でテープカットする安倍首相(左から4人目)ら=4日午後、さいたま市  鉄道博物館の新館と改修された本館がオープンするのを前に、記念式典でテープカットする安倍首相(左から4人目)ら=4日午後、さいたま市
 鉄道博物館でE5系の運転シミュレーターを内覧する安倍首相(奥)=4日午後、さいたま市(代表撮影)
画像を拡大する
 鉄道博物館でE5系の運転シミュレーターを内覧する安倍首相(奥)=4日午後、さいたま市(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 鉄道博物館(さいたま市)で4日、新館と改修された本館が5日にオープンするのを前に記念式典が開かれ、来賓で安倍晋三首相らが出席した。
 宮城利久館長は、山形新幹線「つばさ」として活躍した400系新幹線の実物車両などを展示した、新館1階の式典会場で「ますます魅力的にパワーアップした鉄道博物館に来てほしい」とあいさつ。安倍首相は、祝辞で日本の鉄道の歴史や技術力に触れ「子どもからお年寄りまで、そして世界の人々から末永く愛されてほしい」と述べた。

 鉄道博物館でE5系の運転シミュレーターを内覧する安倍首相=4日午後、さいたま市(代表撮影)
画像を拡大する
 鉄道博物館でE5系の運転シミュレーターを内覧する安倍首相=4日午後、さいたま市(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 最後に埼玉県の上田清司知事らがテープカットすると、門出を祝う汽笛が鳴り響いた。安倍首相はその後、東北・北海道新幹線「はやぶさ」に使われるE5系の運転シミュレーターを内覧した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング