産経フォト

「妖精の元締みたい」と照れる 舘ひろし、幼児番組で新曲歌う

イベント・祭典

「妖精の元締みたい」と照れる 舘ひろし、幼児番組で新曲歌う

更新 sty1807040012
 公開レコーディングで、番組に出演する子どもたちと記念撮影する(後列左から)宇崎竜童、舘ひろし、阿木燿子=4日、東京都内  公開レコーディングで、番組に出演する子どもたちと記念撮影する(後列左から)宇崎竜童、舘ひろし、阿木燿子=4日、東京都内
 公開レコーディングで歌う舘ひろし=4日、東京都内
画像を拡大する
 公開レコーディングで歌う舘ひろし=4日、東京都内フルスクリーンで見る 閉じる

 CSのチャンネル銀河の新幼児番組「パニパニパイナ!」のエンディング曲を歌う俳優の舘ひろしが、東京都内で行われた公開レコーディングに登場。かわいいダンサーたちと一緒に振りも披露したが、刑事役のイメージが強いだけに本人も「妖精の元締みたいだな」と照れていた。
 15日放送開始の番組は、わんぱくな怪獣の男の子「ヤーだん」が、森を舞台に仲間たちと楽しい遊びや冒険を繰り広げる。歌や体操などのコーナーもあり、年間2500人の赤ちゃんの出演を目指すという。
 エンディング曲「ビバ!ビバ!バンビーナ」は、ヒットメーカーの宇崎竜童が作曲、阿木燿子が作詞を担当し、68歳の舘が渋さと軽やかさを混ぜて歌う新曲。阿木は「『君はまだ若い。自分の年になるまで時間があるから頑張りな』という赤ちゃんへのメッセージを込めた」と話した。
 公開レコーディングには番組に出演するキャラクターで、5~7歳の少女6人でつくる「フェアリー・ダンサーズ」も登場し、踊りとともに、サビの部分では舘とのコーラスも見事に決めた。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング