産経フォト

サンマ漁規制、議論開始 日本が上限設定を提案

ニュース

サンマ漁規制、議論開始 日本が上限設定を提案

更新 sty1807030007
 開かれた北太平洋漁業委員会の年次会合=3日午前、東京都港区  開かれた北太平洋漁業委員会の年次会合=3日午前、東京都港区
 北太平洋漁業委員会の年次会合であいさつする水産庁の長谷成人長官(右)=3日午前、東京都港区
画像を拡大する
 北太平洋漁業委員会の年次会合であいさつする水産庁の長谷成人長官(右)=3日午前、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 日本や中国、台湾など8カ国・地域が北太平洋のサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が3日、東京都内で始まった。不漁が長引き、資源の枯渇を懸念する日本は国・地域別の漁獲量に上限を設定する案を示し、賛同を求める。ただ中国は数量規制に反発してきた経緯があり、合意のハードルは高い。

 水産庁の長谷成人長官は会合で、東日本大震災の津波で被害を受けた漁村地域の振興を進める上でもサンマ資源は重要だと強調し「NPFCが早急に適切な資源管理措置を導入することを強く望んでいる」と述べた。

 会合は非公開で、5日に議論の結果を発表する。NPFCはロシアや韓国、バヌアツ、米国、カナダも参加。昨年も日本が数量規制の導入を求めたが、中国などが反対した。

 NPFCへの報告によると2017年の日本のサンマ漁獲量は8万5千トンで、ほぼ半世紀ぶりの低水準に落ち込んだ。台湾は10万7千トン、中国は4万8千トンを取った。近年、中国や台湾の漁船が日本近海に向かうサンマが泳ぐ公海で操業を活発化させ、日本は公海での乱獲による資源減少への危機感を強めている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング