産経フォト

富士の御来光、朱に輝く 山開き、登山客「最高」

自然・風景

富士の御来光、朱に輝く 山開き、登山客「最高」

更新 sty1807010002
御来光を前に、万歳する登山客ら=1日午前、富士山頂(萩原悠久人撮影) 御来光を前に、万歳する登山客ら=1日午前、富士山頂(萩原悠久人撮影)
御来光を前に、記念撮影する登山客ら=1日午前、富士山頂(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
御来光を前に、記念撮影する登山客ら=1日午前、富士山頂(萩原悠久人撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 富士山の山梨県側で1日、夏山シーズンの到来を告げる山開きを迎えた。標高3776メートルの山頂では午前4時半ごろ、燃えるような朱に染まった東の空からの御来光に、詰め掛けた大勢の登山客は「最高」と歓声を上げた。

ご来光を見ようと山頂を目指す登山者のヘッドライトの光跡 =6月30日午後、山梨県富士吉田市・富士山8合目(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
ご来光を見ようと山頂を目指す登山者のヘッドライトの光跡 =6月30日午後、山梨県富士吉田市・富士山8合目(萩原悠久人撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 1日朝の山頂は気温が7度前後と肌寒く、風もやや強いものの、わずかな雲の間から眼下に富士五湖を見下ろす絶好の景色が広がった。

 環境省によると、2017年の登山者数は前年比4万人増の約28万4千人。6月には世界文化遺産登録5年を迎え、増加する外国人登山客への対応と環境保全が課題となっている。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング