産経フォト

環太平洋合同演習始まる 中国招かれず

自衛隊・ミリタリー

環太平洋合同演習始まる 中国招かれず

更新 sty1806290014
 米ハワイで開かれた環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニー=28日(共同)  米ハワイで開かれた環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニー=28日(共同)

 米海軍主催の環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニーが28日(日本時間29日)、米ハワイで開かれ、演習が本格的に始まった。8月2日まで。日本や韓国など26カ国が参加する。米国は2014年から中国を招いてきたが、近隣国と領有権を争う南シナ海の軍事拠点化を加速させているとして、今年は参加要請を取り消し、中国を排除した形だ。

 日本からは陸上自衛隊や海上自衛隊が参加し、米軍と共同で地対艦戦闘訓練を初めて7月に実施。カウアイ島から100キロ程度沖合の廃船を敵艦に見立て、海自の哨戒機が情報収集し、陸自が12式地対艦誘導弾(SSM)を、米陸軍がロケット弾を実射する。
 防衛省は中国を念頭に鹿児島県の奄美大島や沖縄県の宮古島、石垣島へのSSM部隊の配備を進めており、中国は参加取り消しに加え訓練にも反発を強めるとみられる。
 一連の演習では他に、陸自の離島防衛の専門部隊「水陸機動団」が、米海兵隊と着上陸や実弾射撃の訓練などをする。

南シナ海軍事化が理由

 環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニーで話す米海軍第3艦隊のアレクサンダー司令官(手前中央)=28日、米ハワイ(共同)
画像を拡大する
 環太平洋合同演習(リムパック)のオープニングセレモニーで話す米海軍第3艦隊のアレクサンダー司令官(手前中央)=28日、米ハワイ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米海軍第3艦隊のアレクサンダー司令官は、中国を招かなかった理由について「南シナ海での中国の軍事拠点化は、国際ルールに従うというリムパックの精神と合致しないからだ」と説明した。日本時間29日に実施した電話会見で語った。

 司令官は、南シナ海での中国による人工島造成、兵器配備は国際ルールに反していると指摘。「米国は是々非々で中国と協力もすれば対立もする」とし、マティス国防長官が最近、訪中し習近平国家主席や軍高官らと会談した際にも、そうした考えを伝えたと述べた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング