産経フォト

パリで日仏友好献茶式 裏千家の前家元

イベント・祭典

パリで日仏友好献茶式 裏千家の前家元

更新 sty1806290005
 日仏友好と世界平和を願う献茶式でお茶をたてる茶道裏千家の前家元千玄室大宗匠=28日、パリの日本大使公邸(共同)  日仏友好と世界平和を願う献茶式でお茶をたてる茶道裏千家の前家元千玄室大宗匠=28日、パリの日本大使公邸(共同)

 茶道裏千家(京都市上京区)の前家元千玄室大宗匠(95)が28日、日仏友好と世界平和を願い、パリの日本大使公邸で献茶式を開いた。木寺昌人大使やフランス外務省のグルドーモンターニュ次官ら約70人が出席した。

 献茶式で言葉を交わすフランス外務省のグルドーモンターニュ次官(左端)と千玄室氏(右端)=28日、パリの日本大使公邸(共同)
画像を拡大する
 献茶式で言葉を交わすフランス外務省のグルドーモンターニュ次官(左端)と千玄室氏(右端)=28日、パリの日本大使公邸(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 パリでは両国の外交関係160年を記念する大規模な文化イベント「ジャポニスム2018」が7月から開催される。京都市とパリ市は「友情盟約」締結から60年の節目を迎えた。千氏は「フランスと日本、手を取り合って世界平和のために努力しましょう」とあいさつした後、出席者一人一人と言葉を交わしながらお茶を振る舞った。
 1998年から4年間、駐日大使を務めたグルドーモンターニュ次官は日本語で「大宗匠、ありがとうございます。おいしいです」と笑顔で答えていた。

 千氏はパリ滞在中、国立ギメ東洋美術館別館での記念講演なども予定している。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング