産経フォト

小型MRJ、21年後半にも投入 国交省の飛行試験7月以降

ニュース

小型MRJ、21年後半にも投入 国交省の飛行試験7月以降

更新 sty1806280013
 米ワシントン州の「モーゼスレイク・フライトテスト・センター」内に格納されたMRJ試験機=27日(共同)  米ワシントン州の「モーゼスレイク・フライトテスト・センター」内に格納されたMRJ試験機=27日(共同)
 MRJの開発状況について説明するアレクサンダー・ベラミー氏=27日、米ワシントン州モーゼスレイク(共同)
画像を拡大する
 MRJの開発状況について説明するアレクサンダー・ベラミー氏=27日、米ワシントン州モーゼスレイク(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発責任者を務める三菱航空機(愛知県豊山町)のアレクサンダー・ベラミー氏は27日午後(日本時間28日)、70席級の小型モデルを2021年後半~22年前半に投入すると明らかにした。70席級の投入時期を明示したのは初めて。

 米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港上空を飛行する三菱航空機のMRJ=27日(共同)
画像を拡大する
 米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港上空を飛行する三菱航空機のMRJ=27日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 20年半ばに納入する90席級の標準モデルは、国土交通省の安全性認証取得に必要な同省パイロットによる飛行試験を、7月以降に始める方向で調整しているとも明らかにした。飛行試験拠点のある米ワシントン州モーゼスレイクで共同通信の取材に応じた。

 米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港上空を飛行する三菱航空機のMRJ=27日(共同)
画像を拡大する
 米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港上空を飛行する三菱航空機のMRJ=27日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 最大市場の北米で22年以降、70席級の買い替え需要が急速に伸びるとみており「投入は早ければ早いほど良い。競争力を持たせるために戦略を練っている」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング