産経フォト

日本、コロンビア破る金星 サッカーW杯

スポーツ

日本、コロンビア破る金星 サッカーW杯

更新 sty1806190018
【コロンビア-日本】前半、PKで先制ゴールを決め喜ぶ香川真司 =ロシア・サランスク(撮影・甘利慈) 【コロンビア-日本】前半、PKで先制ゴールを決め喜ぶ香川真司 =ロシア・サランスク(撮影・甘利慈)
【コロンビア-日本】後半、ゴールを決める日本代表・大迫勇也 =ロシア・サランスク(撮影・甘利慈)
画像を拡大する
【コロンビア-日本】後半、ゴールを決める日本代表・大迫勇也 =ロシア・サランスク(撮影・甘利慈)フルスクリーンで見る 閉じる

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組の日本は19日、サランスクでの初戦で南米の強豪コロンビアを2-1で破る金星を挙げ、勝ち点3を獲得した。6大会連続出場の日本は初戦で勝ち点を挙げた2002年大会と10年大会はともに決勝トーナメントに進んでおり、1次リーグ突破へ好発進した。24日(日本時間25日)にエカテリンブルクでセネガルとの第2戦に臨む。

コロンビアに勝利し喜ぶ西野朗監督ら =ロシア・サランスク(撮影・中井誠)
画像を拡大する
コロンビアに勝利し喜ぶ西野朗監督ら =ロシア・サランスク(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 前回大会の1次リーグ最終戦で大敗した相手との4年ぶりの再戦は、前半6分に香川真司(ドルトムント)がPKを決めて先制。退場者を出して10人となった相手に同点とされたが、後半28分に大迫勇也(ブレーメン)が頭で決勝ゴールを決めた。(サランスク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング