産経フォト

【路上感撮】地下に続くクモの巣

自然・風景

【路上感撮】地下に続くクモの巣

更新 sty1806190001
都営大江戸線飯田橋駅に設置されたパブリックアート。壁に張り巡らされたクモの巣のようにも見える =東京都文京区(鴨川一也撮影) 都営大江戸線飯田橋駅に設置されたパブリックアート。壁に張り巡らされたクモの巣のようにも見える =東京都文京区(鴨川一也撮影)
都営大江戸線飯田橋駅に設置されたパブリックアート。壁に張り巡らされたクモの巣のようにも見える =東京都文京区(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
都営大江戸線飯田橋駅に設置されたパブリックアート。壁に張り巡らされたクモの巣のようにも見える =東京都文京区(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 地下へと続く階段を取り囲む緑色の網。薄暗い中、浮かび上がる金属製のフレームは巨大なクモの巣のようにも見える。都営地下鉄大江戸線飯田橋駅(文京区)の開業時に設置されたアート作品は、無機質な通路を不思議な空間に変貌させている。

 東京都交通局によると、駅を設計した建築家の渡辺誠氏が、都市に張り巡らされた交通や情報のネットワークをイメージしてデザインしたという。

 この“クモの巣”には蛍光灯も埋め込まれており、駅利用者の足元を照らしながら地下約32メートルにあるホームへと誘っている。(写真報道局 鴨川一也) 

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】  

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング