産経フォト

トヨタがルマン24時間初V 中嶋の8号車、小林は2位

自動車

トヨタがルマン24時間初V 中嶋の8号車、小林は2位

更新 sty1806170020
 自動車耐久レースの第86回ルマン24時間で初優勝し、表彰式で喜ぶ中嶋一貴(右端)とトヨタ8号車のドライバーら=17日、フランス西部ルマン(ゲッティ=共同)  自動車耐久レースの第86回ルマン24時間で初優勝し、表彰式で喜ぶ中嶋一貴(右端)とトヨタ8号車のドライバーら=17日、フランス西部ルマン(ゲッティ=共同)
 ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ8号車=ルマン(ゲッティ=共同)
画像を拡大する
 ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ8号車=ルマン(ゲッティ=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間の決勝は17日、フランス西部のサルテ・サーキット(1周13.626キロ)で行われ、2台で臨んだトヨタはポールポジションからスタートした中嶋一貴らの8号車で初優勝を果たした。小林可夢偉らの7号車は2位。3人のドライバーが交代して周回数を競い、3位以下に10周以上の大差をつけた。

 ルマン24時間の決勝で、出番を待つトヨタ8号車の中嶋一貴=ルマン(AP)
画像を拡大する
 ルマン24時間の決勝で、出番を待つトヨタ8号車の中嶋一貴=ルマン(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本チームが日本車、日本人ドライバーを含む態勢で勝つのは初めてで、日本メーカーとしては1991年のマツダ以来2度目。最上位のLMP1にエントリーした自動車メーカーはトヨタだけだった。

 ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ7号車=ルマン(AP)
画像を拡大する
 ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ7号車=ルマン(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 8号車ではF1の元総合王者フェルナンド・アロンソ(スペイン)もドライバーを務めた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング