産経フォト

米病院船が東京初寄港 日本、災害対処法学ぶ

ニュース

米病院船が東京初寄港 日本、災害対処法学ぶ

更新 sty1806160002
 日本に初めて寄港した米海軍所属の病院船「マーシー」=16日午前、東京都大田区の大井水産物埠頭  日本に初めて寄港した米海軍所属の病院船「マーシー」=16日午前、東京都大田区の大井水産物埠頭

 米海軍に所属する世界最大級の病院船「マーシー」(全長約272メートル)が日本に初めて寄港し、東京都大田区の大井水産物埠頭で16日、歓迎式典が開かれた。東日本大震災で病院機能がまひした経験から、日本政府は医療拠点として船舶の活用を検討しており、米軍の対処法などを学ぶ狙いがある。

 日本に初めて寄港した米海軍所属の病院船「マーシー」=16日午前、東京都大田区の大井水産物埠頭
画像を拡大する
 日本に初めて寄港した米海軍所属の病院船「マーシー」=16日午前、東京都大田区の大井水産物埠頭フルスクリーンで見る 閉じる

 式典には、インド太平洋地域で人道支援を行う「パシフィック・パートナーシップ」を指揮するデビッド・ブレッツ大佐や、赤間二郎内閣府副大臣らが出席。
 寄港は病院船導入を訴える与党議員連盟の要請で実現した。18日の出港までの間、事前申し込み制の一般向け見学会を実施、首都直下地震を想定した海上自衛隊との医療搬送訓練を予定している。
 マーシーは、80床の集中治療室(ICU)を含む計千床の病床があり、手術室を完備。災害時は千人以上の医療軍人らが乗り込む。平時は発展途上国で無料診察などをしている。

 米病院船「マーシー」に完備された手術室=16日午前、東京都大田区
画像を拡大する
 米病院船「マーシー」に完備された手術室=16日午前、東京都大田区フルスクリーンで見る 閉じる
 米病院船「マーシー」の船内=16日午前、東京都大田区
画像を拡大する
 米病院船「マーシー」の船内=16日午前、東京都大田区フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング