産経フォト

田園に響く鈴音にぎやかに 岩手、チャグチャグ馬コ

伝統・文化

田園に響く鈴音にぎやかに 岩手、チャグチャグ馬コ

更新 sty1806090010
鈴の音を鳴らしながら花畑の脇を進む「チャグチャグ馬コ」=9日午前、岩手県滝沢市 鈴の音を鳴らしながら花畑の脇を進む「チャグチャグ馬コ」=9日午前、岩手県滝沢市

 赤や青のきらびやかな装束を身に着けた農耕馬約70頭が鈴の音を響かせながら、田園地帯や市街地を練り歩く初夏の伝統行事「チャグチャグ馬コ」が9日、盛岡市などで開催された。

鈴の音を鳴らしながら進む「チャグチャグ馬コ」の行列=9日午前、岩手県滝沢市
画像を拡大する
鈴の音を鳴らしながら進む「チャグチャグ馬コ」の行列=9日午前、岩手県滝沢市フルスクリーンで見る 閉じる

 馬は午前9時半に岩手県滝沢市の鬼越蒼前神社を出発し、盛岡市の盛岡八幡宮を目指して、行事の由来となった「チャグ、チャグ」という鈴の音を響かせて約14キロの道のりをゆっくり行進。
 行事は田植えに従事した農耕馬を神社に連れて行き、馬の無病息災と五穀豊穣を祈願したのが起源とされ、国の無形民俗文化財に指定されている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング