産経フォト

金色堂の保存状態調査 中尊寺、経年劣化進み

遺跡・建造物

金色堂の保存状態調査 中尊寺、経年劣化進み

更新 sty1806070014
 保存状態の調査が行われた中尊寺金色堂=7日午後、岩手県平泉町  保存状態の調査が行われた中尊寺金色堂=7日午後、岩手県平泉町

 岩手県平泉町の世界遺産・中尊寺は7日、金色堂の保存状態を調査するため、専門家による委員会を設置した。大規模解体修理から50年がたち、一部で漆や金箔がはがれ落ちるなど経年劣化が進んでおり、調査結果を踏まえ、修復の必要性を判断する考えだ。

 保存状態の調査が行われた中尊寺金色堂=7日午後、岩手県平泉町
画像を拡大する
 保存状態の調査が行われた中尊寺金色堂=7日午後、岩手県平泉町フルスクリーンで見る 閉じる

 調査委員会は、文化財の建築物や漆工芸の専門家ら5人で構成。金色堂を前に山田俊和貫首(74)は「東日本大震災後、目に見えて壁の隙間が大きくなった。専門家の皆さんの意見を聞き、100年先を見据え、後世へ伝えていくための一歩としたい」と話した。

 金色堂は奥州藤原氏の初代清衡が平安時代末期の1124年に建立した。近年では1962~68年に大規模解体修理を実施。風雨から金色堂を保護するため、鉄筋コンクリートの覆堂を設けている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング