産経フォト

豪華絢爛!名古屋城本丸御殿を復元 8日から一般公開

遺跡・建造物

豪華絢爛!名古屋城本丸御殿を復元 8日から一般公開

更新 sty1806050001
報道関係者に公開された名古屋城本丸御殿の玄関。中央部に丸みをもたせた唐破風。左後方は名古屋城天守=4日午後、名古屋市(酒巻俊介撮影) 報道関係者に公開された名古屋城本丸御殿の玄関。中央部に丸みをもたせた唐破風。左後方は名古屋城天守=4日午後、名古屋市(酒巻俊介撮影)

 平成21年から復元工事が進められていた名古屋城の本丸御殿の工事が完了し、8日からの一般公開を前に4日、報道陣向けの内覧会が行われた。

報道関係者に公開された名古屋城本丸御殿・上段之間。細部まで贅の限りを尽くす=4日午後、名古屋市(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
報道関係者に公開された名古屋城本丸御殿・上段之間。細部まで贅の限りを尽くす=4日午後、名古屋市(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 名古屋城本丸御殿は城郭建築の最高傑作といわれ、昭和5年には、天守閣とともに国宝に指定されたが、昭和20年の空襲により建物の大部分が焼失した。
 日本を代表する近世書院造で木曽檜を使った木造建築は総面積3,100㎡、13棟の建物で構成されている。最も豪華絢爛な「上洛殿」は襖絵、彫刻欄間、飾金具で彩られ、贅の限りを尽くされている。

報道関係者に公開された名古屋城本丸御殿上洛殿の彫刻欄間=4日午後、名古屋市(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
報道関係者に公開された名古屋城本丸御殿上洛殿の彫刻欄間=4日午後、名古屋市(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 平成4年より、本格的な復元模写が進められた壁画は、実物や写真など多くの資料が残るため忠実に再現されたという。現在立て替えのため閉鎖中の天守閣に代わる新たな見どころになるだろう。入場料は名古屋城観覧料の 大人500円。入館時間は午前9時から午後4時まで。

■360°パノラマで見る「名古屋城本丸御殿」

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング