産経フォト

6県の祭り一体でパレード 熱気の中、東北絆まつり閉幕

東日本大震災

6県の祭り一体でパレード 熱気の中、東北絆まつり閉幕

更新 sty1806030015
 「東北絆まつり」のパレードを終え、笑顔でポーズをとる各県の踊り手たち=3日午後、盛岡市  「東北絆まつり」のパレードを終え、笑顔でポーズをとる各県の踊り手たち=3日午後、盛岡市
 「東北絆まつり」のパレードで披露された盛岡さんさ踊り=3日午後、盛岡市
画像を拡大する
 「東北絆まつり」のパレードで披露された盛岡さんさ踊り=3日午後、盛岡市フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災からの復興を願って、東北6県の祭りが集まる「東北絆まつり」は3日、盛岡市で最終日を迎え、終盤には六つの祭りの踊り手たちが混然一体となってパレードし、熱気に包まれた2日間の日程を終えた。

 この日は山形花笠まつりを先陣に、青森ねぶた祭、秋田竿灯まつりなどの計約1300人が市の中心部を練り歩いた。気温が30度に迫る暑さの中、観客はうちわであおぎながら歓声を上げた。

 閉祭式で谷藤裕明盛岡市長は「復興の道のりは長いが、未来へ弾みをつけたい」と述べ、観客らとともに風船を飛ばして閉幕した。絆まつりは東北六魂祭の後継イベントで2回目。主催者によると2、3両日の来場者数は計約30万3千人だった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング