産経フォト

震災復興願い絆まつり開幕 東北6県、盛岡に集う

東日本大震災

震災復興願い絆まつり開幕 東北6県、盛岡に集う

更新 sty1806020004
盛岡市で開幕した「東北絆まつり」のメイン会場=2日午前 盛岡市で開幕した「東北絆まつり」のメイン会場=2日午前

 東日本大震災からの復興を願い、東北6県を代表する夏祭りが集う「東北絆まつり」が2日、盛岡市で2日間の日程で開幕した。2016年まで6県持ち回りで開かれた東北六魂祭の後継イベントで、今年で2回目。

盛岡市で開幕した「東北絆まつり」のメイン会場=2日午前
画像を拡大する
盛岡市で開幕した「東北絆まつり」のメイン会場=2日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 メイン会場の盛岡城跡公園のステージ上では、岩手県の盛岡さんさ踊りなど各県の祭りを披露。午後には市役所前をスタート地点として各県の祭りのパレードがあり、青森ねぶた祭のねぶたなどの展示スペース前を通りながら、往復約2.4キロを練り歩く。
 開幕式典では震災の犠牲者に黙とうがささげられ、岩手県の達増拓也知事が「震災以来、東北6県の絆を強め、一体となって復興に取り組んできた。祭りが楽しく心に残るものとなることを祈っている」とあいさつ。 名古屋市から訪れた会社員吉岡大地さん(26)は「絆まつりを見るのは初めて。みんなで盛り上がれたらいいと思う」と話した。パレードは3日も行われ、市は2日間で30万人の来場を見込んでいる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング