産経フォト

持続可能な開発話し合う 国連本部で静岡市長ら

ファッション

持続可能な開発話し合う 国連本部で静岡市長ら

更新 sty1806010007
 5月31日、米ニューヨークの国連本部で行われた「東京ガールズコレクション」のイベントに出演する福島県の子供たちと松井愛莉さん(中央)(上塚真由撮影)  5月31日、米ニューヨークの国連本部で行われた「東京ガールズコレクション」のイベントに出演する福島県の子供たちと松井愛莉さん(中央)(上塚真由撮影)
 5月31日、ニューヨークの国連本部で福島県の子どもたちが参加して行われた「東京ガールズコレクション」。後列左端は福島県の内堀雅雄知事(共同)
画像を拡大する
 5月31日、ニューヨークの国連本部で福島県の子どもたちが参加して行われた「東京ガールズコレクション」。後列左端は福島県の内堀雅雄知事(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ニューヨークの国連本部で5月31日、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の地方都市レベルでの取り組みなどを話し合う会議があり、静岡市の田辺信宏市長らが参加した。貧困撲滅などと共にSDGsが掲げる男女平等を推進するとして、日本の若い女性に人気のファッション紹介イベントも開かれた。

 5月31日、米ニューヨークの国連本部で行われた「東京ガールズコレクション」のイベントに出演する香里奈さん(中央)や山田優さん(右から2人目)ら(上塚真由撮影)
画像を拡大する
 5月31日、米ニューヨークの国連本部で行われた「東京ガールズコレクション」のイベントに出演する香里奈さん(中央)や山田優さん(右から2人目)ら(上塚真由撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 会議で田辺市長は、静岡市民の大半がまだSDGsを知らないと指摘。

 眼鏡生産が盛んな福井県鯖江市の牧野百男市長は、SDGsのロゴにちなんでデザインした特製の眼鏡を紹介しながらスピーチ。地場産業の発展により人口の増加傾向が続いているとして、女性が積極的に参加する「持続的な町づくり」を目指していると訴えた。

 5月31日、ニューヨークの国連本部で福島県の子どもたちも参加して行われた「東京ガールズコレクション」(共同)
画像を拡大する
 5月31日、ニューヨークの国連本部で福島県の子どもたちも参加して行われた「東京ガールズコレクション」(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ファッションイベントには、福島県の子どもたちや内堀雅雄同県知事も参加した。内堀氏は東日本大震災後の国際支援に謝意を表明し「福島の若者たちをこれからも応援し、福島にも来てほしい」と呼び掛けた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング