産経フォト

羽生選手に国民栄誉賞 フィギュア五輪2連覇

ニュース

羽生選手に国民栄誉賞 フィギュア五輪2連覇

更新 sty1806010006
 平昌冬季五輪2018 男子フリーで完璧な演技をみせた羽生結弦。66年ぶりとなる五輪2連覇を達成した=2月17日、韓国・江陵アイスアリーナ  平昌冬季五輪2018 男子フリーで完璧な演技をみせた羽生結弦。66年ぶりとなる五輪2連覇を達成した=2月17日、韓国・江陵アイスアリーナ
 羽生結弦は66年ぶりとなる2大会連続金メダルの偉業を成し遂げた=17日午後、江陵(納冨康撮影)
画像を拡大する
 羽生結弦は66年ぶりとなる2大会連続金メダルの偉業を成し遂げた=17日午後、江陵(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 政府は1日、韓国・平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=ANA=に国民栄誉賞を授与することを決めた。授与式は7月2日に官邸で行う。個人としては最年少の受賞で、スケート界からは初めて。菅義偉官房長官が記者会見で発表した。

 羽生選手は2014年ソチ五輪でフィギュア日本男子初の金メダル。昨年11月に右足首に大けがを負ったが復活し、平昌五輪で再び金メダルに輝いた。11年には出身地の仙台市のリンクで練習中に東日本大震災が発生して避難生活を送った経験もあり、苦難を乗り越えた偉業が国民に感動を与えたと評価された。

 首相が授与検討を指示したと、菅義偉官房長官が3月2日に発表していた。

 国民栄誉賞は1977年に創設。これまでに芸能や文化、スポーツなどの分野で功績を上げた26の個人・団体が受賞している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング