産経フォト

名所巡る東京五輪マラソン 浅草 銀座 皇居

スポーツ

名所巡る東京五輪マラソン 浅草 銀座 皇居

更新 sty1805310010
 五輪のマラソンのコースマップを掲げる組織委の室伏広治スポーツ局長(左)と高橋尚子さん=31日午前、東京都港区  五輪のマラソンのコースマップを掲げる組織委の室伏広治スポーツ局長(左)と高橋尚子さん=31日午前、東京都港区
 東京・浅草寺の雷門
画像を拡大する
 東京・浅草寺の雷門フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、五輪のマラソンのコースを発表、建設中の新国立競技場を発着点として浅草、銀座、皇居など、都心の観光名所を巡る設定となった。開幕まで2年余りに迫った大会の目玉の一つがお披露目となり、東京都内で記者会見した組織委の室伏広治スポーツ局長は「史上最高の五輪コースになる」と述べた。

 ランナーは新国立競技場から北上し、靖国通りを東へ向かう。東京ドームのある水道橋、日本橋を通過して北上し、東京スカイツリーを望みながら浅草寺の雷門前を回って南下する。銀座、新橋を経由し、東京タワーが見える増上寺付近で折り返す。再び新橋、銀座、日本橋と北上した後、皇居前を往来し、最後は靖国通りから新国立競技場に戻る。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング