産経フォト

レンコン掘り競って水質改善 大阪・阿倍野区の桃ケ池

イベント・祭典

レンコン掘り競って水質改善 大阪・阿倍野区の桃ケ池

更新 sty1805270020
掘り出したレンコンを手に記念写真におさまる参加者 =27日午後、大阪市阿倍野区(鳥越瑞絵撮影) 掘り出したレンコンを手に記念写真におさまる参加者 =27日午後、大阪市阿倍野区(鳥越瑞絵撮影)
桃ケ池に自生するレンコンを掘る参加者ら =27日午後、大阪市阿倍野区(鳥越瑞絵撮影)
画像を拡大する
桃ケ池に自生するレンコンを掘る参加者ら =27日午後、大阪市阿倍野区(鳥越瑞絵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪市阿倍野区の桃ケ池で27日、自生するレンコンを掘ってその重さを競う「レンコン掘り調査選手権」が開催され、青空の下、17人の参加者が泥んこになって楽しんだ。

 レンコンとともに池の底のごみも回収し、池の環境を改善することも目的で、この日は車のタイヤなどの大きなごみも引き上げられた。

桃ケ池に自生するレンコンを掘る参加者ら =27日午後、大阪市阿倍野区(鳥越瑞絵撮影)
画像を拡大する
桃ケ池に自生するレンコンを掘る参加者ら =27日午後、大阪市阿倍野区(鳥越瑞絵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 重さ計約3.7キロのレンコンを採って優勝した大阪市阿倍野区の小学校教員、森田裕貴さん(28)は表彰式で「(たくさん取れたので)レンコンで家を建てます」と笑いを誘った。

 参加者全員では計約20キロのレンコンが掘り出され、カレーときんぴらに調理されて振る舞われた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング