産経フォト

水しぶき上げ海上を疾走  兵庫・相生ペーロン祭

イベント・祭典

水しぶき上げ海上を疾走  兵庫・相生ペーロン祭

更新 sty1805270019
多くの観衆が見守る中、ペーロン競漕が繰り広げられた =27日、兵庫県相生市(渡辺恭晃撮影) 多くの観衆が見守る中、ペーロン競漕が繰り広げられた =27日、兵庫県相生市(渡辺恭晃撮影)
多くの観衆が見守る中、ペーロン競漕が繰り広げられた =27日、兵庫県相生市(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
多くの観衆が見守る中、ペーロン競漕が繰り広げられた =27日、兵庫県相生市(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 兵庫県相生市で「相生ペーロン祭」が催され27日、木造の手漕ぎ船による「ペーロン競漕」でクライマックスを迎えた。ドラや太鼓の音に合わせ、竜を模した船が水しぶきをあげながら海上を疾走した。

 ペーロンは江戸時代に中国から長崎に伝来したとされるボートレース。相生市では大正11年、長崎出身の造船作業員が「海上運動会」として始めたとされる。この日は県内外から63チームが参加。選手らは「ヨーイサー」などとかけ声を上げ、息のあった力強い櫂(かい)さばきを披露した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング